MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIT留学プラスだったこと「2007年にボストン留学できたこと」
私の留学は2006年初夏からの2年間でした。渡米直後の慌しさも落ち着き、MITの授業にも慣れ始めた頃から、2007年のボストン4大スポーツ大躍進が始まりました。

以前からポストしてきたように、ボストンの2007年シーズンは目覚しいものでした。

その2007年にボストンに滞在できて、ボストンのチームを応援できたこと。

何よりの思ひ出です。
_____________________________________________________________________________________________________________

【レッドソックス】

2006年: プレーオフ進出ならず
2007年: ワールドシリーズ優勝!
2008年: プレーオフで敗退


↑幸運にも観戦できたワールドシリーズ第2戦

【ペイトリオッツ】

2006年: プレーオフで敗退
2007年: レギュラーシーズン16連勝後にスーパーボールで敗退
2008年: プレーオフ進出ならず


↑ディビジョナルプレーオフ第2戦

【セルティックス】

2006年: プレーオフ進出ならず
2007年: ファイナル優勝!
2008年: プレーオフで敗退


↑カンファレンス・セミファイナルのイントロ


スポンサーサイト
セルティックスのプレーオフでチケットブローカーを思ふ
4月20日、バスケットボールNBAの2008年プレーオフ・ファーストラウンド第1戦、ボストン・セルティックス対アトランタ・ホークスの試合観戦に、TDバンクノースガーデンに行ってきました。
080420celtics1.jpg

ファーストラウンドとはいえ、NBA1位の勝率でプレーオフ参加を決めたセルティックスには格下のホークスが相手とはいえ、何より、この日はプレーオフです!会場は、レギュラーシーズンの雰囲気とは大きく異なるものでした。観客も豪華でした。左から、マイク・ローウェル、ダスティン・ペドロイア、デービッド・オルティス、レオナルド・ディカプリオ!、ケビン・ユーキリス、ジョン・ヘンリーでした。
080420celtics2.jpg

今回は、TicketReserve(現在はFirstDBZ)というシステムを利用してチケットを購入しました。これは、なかなか考えさせられるものでした。

システムは至極簡単です。「セルティックスがプレーオフ・ファーストラウンドに出場した場合、第1戦のチケットを定価で購入できる権利」を1月に購入しておきました。31ドルでした。セルティックスがプレーオフ出場を逃した場合にはこの31ドルは返ってこないわけですが、1月にはプレーオフ出場がほぼ決まっていたので購入したものでした。

このチケットリザーブというシステムは、最近導入されつつあるようで、昨年のペイトリオッツのスーパーボールのチケットも、500ドルからリザーブできたようです。

特徴は、このチケットリザーブの権利は需要と供給で価格が決まり、そして、簡単にチケットリザーブの権利を転売できることです。31ドルは開始値で底値でしたが、一時期は95ドル程度で売買されていました。そのとき私が転売していれば、手数料を引かれたとしても、2枚合計で100ドル程度の利益を上げることができたものでした。

利用した私が言うのもおかしいですが、こんなシステムありでしょうか?

すべての根源は、一大ビジネスを築いているアメリカのチケットブローカーだと思います。

こちらでは、一般の我々でも、その気になれば手持ちのチケットをブローカーに簡単に売ることができます。レッドソックスのチケットの発売日には、多くの人がオンライン購入に殺到します。おそらく、ブローカーを経由すれば簡単に転売できるので、転売目的で購入しようとした人も多くいたのではないでしょうか。おかげで、今年は私もチャレンジしましたが、朝から始めて、チケットを購入できたのは夕方でした。

転売目的で購入する人が多くいるからチケットが入手しずらくなり、その結果、このようなチケットリザーブの制度の需要が生じるのでしょう。そして、チケットリザーブの制度も、ブローカーにならい、どんどん転売を煽るようなシステムを構築してしまう。

我々一般人にとっては、悪循環なだけです。

結局のところ、このような世界で得をするのは、ブローカーから普通にチケットを購入できる一部のお金持ちの人々と、チケットの転売で儲けようとする不純な一部の人々だけです。お金持ちを優遇するアメリカの一面を見せられている気がします。

アメリカのスポーツビジネス、ここだけは反対です。日本のスポーツ観戦は、このようにならないことを心から願います。

この日のセルティックスは、104対81で快勝。正直なところ、快勝すぎて、試合としてはあまり楽しいものではありませんでした。これが私の最後のNBA観戦で良いのか、いや、プレーオフのセカンドステージに行くべきなのか、いろいろと考え中です。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

LET’S GO RED SOX!!
ワールドシリーズ終了から6ヶ月、いよいよボストンでもレッドソックスが開幕しました。この1週間は、まさにレッドソックスに振り回された1週間でした。

4月7日(月)
ボストンのナイキタウンにて、ワールドカップ・トロフィーと記念撮影しました。平日昼間のせいかガラガラでしたが、よい思い出になりました。
080407トロフィー


4月9日(水) レッドソックス2-7タイガース、勝ち投手:ボンダーマン、負け投手:レスター
今年初の試合観戦でした。岡島もパペルボンも出る幕がない、レッドソックスの完敗でしたが、久しぶりのフェンウェイの雰囲気を楽しめました。
080409タイガース戦


4月11日(金) レッドソックス1-4ヤンキース、勝ち投手:王建民、負け投手:バクホルツ
憧れのヤンキース戦を、はじめて観戦できました。レッドソックスは負けましたが、緊迫した試合でした。勝ち投手が王建民なので、同じアジア人としてよしとします。ホームランとバントヒットのみの2安打完封でした。こんな松坂の投球が観てみたいです。今年は、ヤンキースの開幕投手が王建民で、レッドソックスの開幕投手が松坂大輔でした。頑張れアジア人!
080411ヤンキース戦1


4月13日(日) レッドソックス8-5ヤンキース、勝ち投手:松坂、負け投手:ヒューズ
ヤンキース戦を再度観戦することができました。しかも、松坂先発の試合でした。松井も活躍していました。松坂は、私が観戦するときは、必ず不調です。この日も四球を連発していました。いつの日か松坂にスタンディングオベーションをできるのでしょうか。今回は、パビリオンボックスでの初観戦でした。でも、値段が高いだけでイマイチのような気がします。フェンウェイは、やはりグランドスタンドだと思います。
080413ヤンキース戦2


困ったことになりました。

去年はチケットの取り方がわからなかったので試合観戦も必然的に少ないものでしたが、今年は状況が違います。頑張ればチケットは取れるということが分かってしまっています。そして、頑張りたくなってしまっています。フェンウェイパークでのレッドソックス観戦に、すっかりはまってしまっています。にわかファンもよいところです。

その結果、修士論文は進まず、お金だけが消えていきます。ビール代も去年の7ドルから7.25ドルに値上げされていました。

タイムリーに、フェンウェイでの野球観戦が如何に高くつくか、という記事が出ていました。次は、4人が試合観戦に行った際の平均的な出費です。
  1.ボストン・レッドソックス      (320.71ドル)
  2.ニューヨーク・ヤンキース     (259.84ドル)
  3.シカゴ・カブス           (251・96ドル)
  4.ニューヨーク・メッツ        (251.19ドル)
  5.トロント・ブルージェイズ      (230.46ドル)
    ・・・                 ・・・
  28.ミルウォーキー・ブルーワーズ (141.52ドル)
  29.ロサンジェルス・エンジェルス  (140.42ドル)
  30.タンパベイ・レイズ        (136.91ドル)

フェンウェイパークでの試合観戦コストは、ダントツで高いということを、改めて認識しました。

お金を費やしすぎて日本に帰国してから後悔するのか、お金をセーブしたことを日本に帰国してから後悔するのか、どちらが良いのか、いろいろと考えています。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

NHLを思ふ
080320bruins.jpg

アイスホッケーNHLのボストン・ブルーインズ対モントリオール・カナディアンズの試合を観戦しに行ってきました。試合は2-4でボストンの敗戦でした。久しぶりにボストンの負け試合を見ました。

今回の試合、何よりモントリオール・カナディアンズの試合でした。詳しくは知りませんが、カンディアンズはモントリオールで無茶苦茶人気があるようです。会場のTDバンクノースガーデンは17,565人の観衆でしたが、その半分は赤いジャージを着たカナディアンズファンであったような気がします。我々の隣も、モントリオールからやってきた日本人!の女性!でした。モントリオールではチケットが取れないのでボストンまでやって来たとのことでした。フェンウェイでチケットが取れないレッドソックスファンが、アウェイの試合を観に行くのと同じ構図でしょうか。

これを機に、NHLを調べてみました。

チーム数30。年間試合数は82試合!これはNBAと同じですが、すごいハードスケジュールです。観客数は概ね15,000人以上をキープ。20,000人入っている会場もありました。

「すごい」の一言に尽きます。

ブルーインズに限って言えば、ボストンの4大スポーツのなかではやはり見劣りしてしまい、今回の試合もMITが仲介してくれて半額程度の26ドルでチケットを購入できました。来週の試合のチケットも18ドルで売り出されていました。この辺りが、やはり第4の4大スポーツとされる所以だと思います。

それでも、常に15,000人以上です。「すごい」です。

先日のハンドボール日本リーグプレーオフの決勝の入場者数を調べてみました。

3,000人弱!!

プレーオフ決勝でもこの数字です。(これでも、日本のハンドボールにとっては、なかなか良い方の数字だと思います。)日本ハンドボール界の先は長いですね。

ブルーインズは現在リーグ7位につけ、こちらもプレーオフ圏内です。GO BRUINS!!
NFLを思ふ
071007studium.jpg

2月3日のスーパーボールをもって、今シーズンのNFLが終了しました。地元のニューイングランド・ペイトリオッツは、ニューヨーク・ジャイアンツに逆転負けを喫してしまいました。私がここまでNFLに注目するのも、今年が最初で最後だと思います。NFLについて思ふところ、少々まとめておきたいと思います。

1.アメリカン・フットボールは面白い!

シーズン前は、ルールがかろうじて分かるぐらいでしたが、このシーズンを経て、フットボールの楽しさを認識しました。丸いボールを扱うハンドボーラーとしては、あの楕円のボールがフットボールの面白さのすべてであるような気がしてなりません。手元にパスが来ても、プロの選手でさえ、ポロッとしてしまう。ちょっとしたプレッシャーでファンブルしてしまう。かと思うと、片手でスーパーキャッチしてしまうこともある。本当に面白い。

2.テレビ中継がある!

今シーズンのペイトリオッツの試合は、すべてMITのケーブルテレビで見ることができました。そして、すべての試合を実際に見ました。有料のケーブルテレビを申し込まないと見ることのできないレッドソックスやセルティックス、ブルーインズとは、大きな違いです。詳しくは知りませんが、地元のNFLチームの試合は無料でテレビで見ることができるルールになっているようです。

夏に生まれた次男を抱っこしなければならないときに、フットボールでも見るか、というのがそもそものきっかけでした。そして、全試合を観るうちに、ここに「にわかファン」が誕生しました。やはり、テレビの力は偉大です!日本のハンドボールも、まずはテレビ中継ですね。

3.対戦カードが面白い!

NFLは全部で32チームあります。一方で、レギュラーシーズンは16試合だけです。このうち6試合は、同じ地区のチームとのホーム/アウェイでの対戦になります。残り10試合は、どのように決まるか、それは、前年に成績が良かった場合は、同じく成績の良かったチームと、前年に成績が悪かった場合は、同じく成績の悪かったチームと対戦するようです。何とも驚くばかりですが、ペイトリオッツは、基本的に成績が良いので、他地区の強豪、コルツやカウボーイズ、スティーラーズ等と試合をすることになります。不公平のようにも見えますが、観る方としては注目カードが続き、非常に盛り上がります!このようなNFLのスポーツビジネスとして成功させようという取組み、非常に興味深いです。(気になるのは下位チームは下位チームとの対戦が多くなる点です。それはそれで実力伯仲で盛り上がると言うことでしょうか?)

4.でも、ボストンはベースボール!

アメリカで一番人気のあるスポーツはフットボール、次にベースボールまたはバスケットボール、そして最後にアイスホッケー、などという話をよく耳にします。でも、ボストンではあくまでベースボールが一番のようです。今シーズン、レッドソックスはワールドシリーズに優勝し、ペイトリオッツはスーパーボールに出場しましたが、マスコミの取り上げ方などからも実感しました。新聞にもそう書いてありました。(ちなみに、スティーラーズのあるピッツバーグはフットボールの街らしいです。)1番にレッドソックス、2番にペイトリオッツ、3,4がなくて、5番にセルティックス、6番にブルーインズという感じでしょうか。


今シーズン、ペイトリオッツがスーパーボールで優勝していたら、まさに歴史的なシーズンに立ち会えたと言うことで、より一層感慨深かっただろうと思います。でも、レギュラーシーズン全勝でスーパーボールに出場してくれただけでも、十分楽しめました。ありがとうと言いたい、などと言ってみたくなります。

来年は日本から(たまに)応援します。GO PATS!

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。