MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ人口3億人超える
USA_Flag.jpg

アメリカの人口が、この10月17日に3億人に達したとのニュースがありました。今さらですが、この広い国土にたった3億人ですから、アメリカの壮大さを感じさせます。(ボストンは東京並みにゴミゴミしており、アメリカらしさを感じることはできませんが…)

さて、この3億人のうち、移民は12%を占めるということですが、我々ダニエル一家が、これらの数字にどのように寄与しているのか、少々考えるところがあります。

まず、アメリカ生まれの二重国籍のダニエルの場合。???。どうなんでしょう…。このアメリカの「人口」は何に基づいているのでしょうか。出生に基づくものならば私も含まれているでしょうが、それ以外ならば、私は含まれていないでしょう。

移民のサクラの場合。移民12%のうちのひとりでしょう。

二重国籍の息子ハロルドの場合。少なくとも移民としては認識されているはずなので、3億人のうちのひとりでしょう。正確なところは、移民ではなく、アメリカ人のはずですが、アメリカ国には、このように認識されているのでしょうか。

アメリカには、戸籍の類はありません。こちらに来て4ヶ月ですが、役所関係の手続きは一切していません。たとえば選挙があったとしたら、私にお知らせはくるのでしょうか…。ちょっと勉強しなければいけない気がしてきました。(ダニエル)


スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。