MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの食生活を思ふ
wholefoods.jpg

リスニング力向上のために聞くようにしているラジオプログラムで、ホールフーズCEOのJOHN MACKEYのインタビューが流れていたので注目してしまいました。ホールフーズといえば、我が家もまれにお世話になる高級食料品スーパーです。

「アメリカの平均的な家庭では、収入の8パーセントを食品に費やします。ヨーロッパ人は15パーセントです。日本では20パーセントです。」

どのように算出された数字(エンゲル係数と同じ?)かはわかりませんが、アメリカで大成功しているスーパーのCEOが口にしているくらいですから、それなりの信頼性のあるものなのでしょう。とにかく、その日本の高さに驚きました。アメリカの2.5倍です。ヨーロッパの3割増しです。そこまでとは知りませんでした。日本の良さ?悪さ?の再認識です。

「日本やヨーロッパに比較すると、アメリカの食のクオリティはとても低いのですよ。」

妻子の一時帰国に伴い、外食と冷凍食品の日々が2週間続いている私には、とてもタイムリーな、とても身にしみる言葉でした。(ダニエル)


スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。