MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

75パーセントが終わりました「福知山線脱線事故を思ふ(後)」
事故の発生を受けて、さまざまな対策がとられています。多くのATSを設置したり、運行ダイヤを改善したり、速度計の精度を向上させたり。

しかし、これらはあくまで場当たり的な対策です。(安全研究所の新設を除きます。)

一番重要な点は、「会社全体が危険を危険として認識できるようになる」ことだと思います。

今回の事例でいえば、あのカーブが危険であるということを認識できていれば、この事故は防げていたかもしれません。

学術的には、このような大惨事をもたらす可能性のある状況・危険のことを「ハザード」と呼んでいます。

そして、アメリカでは、このハザードを発見し、排除する、または制御することをハザード・アナリシスと呼び、多くの手法が開発されています。また、ハザードアナリシスを通してシステムの安全性を確保する手法を「システム・セイフティ」と呼び、アメリカのさまざまな業界で実施されています。

システム・セイフティは信頼性工学とは違います。信頼性工学は、個々のパーツの信頼性を向上させることで、システム全体の信頼性を向上させる手法です。

システム・セイフティは安全工学とは違います。安全工学は、主に労働者の安全を確保するための手法です。

JRに必要なものは、このシステム・セイフティにあるのではないでしょうか。安全対策部や建設工事部がシステム・セイフティの概念を理解し、ハザードをハザードとして認識できること、これが重要だと思います。

このシステム・セイフティについては、私がMITで勉強したことのひとつです。こちらでは、"System Safety"という授業さえあります。

しかし、インターネットで検索したところ、日本ではこのシステム・セイフティの考え方は浸透していないようです。

それは、あまりに当たり前だからでしょうか。でも、その当たり前のことが、この会社には一番重要であると考えています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/101-d8f949de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【信頼性工学】についての検索結果をリンク集にして…

信頼性工学 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます… あらかじめサーチ!【2008/01/25 03:39】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。