FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ハンドボール界の今後を思ふ(3)
miyazaki.jpg
(MITのケーブルテレビにも宮崎大輔が登場しました!)

ハンドボールの北京オリンピック予選再戦が終了しました。男女とも韓国に敗れ、オリンピック出場権獲得はなりませんでした。試合会場にも行っていなければ、テレビでも見ていません。両日とも朝早く(5時!に)起床して2ちゃんねる(!)の実況を見ていただけなので何とも言えませんが、ランニングスコアだけをみると男女ともに完敗のようでした。男子は「惜敗」などともニュースで報じられていますが、常に韓国に3,4点差のリードを保たれるという、典型的な負けゲームだったと思っています。韓国にはユン・キョンシンだけではなく、ペク・ウォンチョルもいましたね・・・

もちろん、残念でなりません。このブームのときに、オリンピック出場権を獲得できていれば・・・、と残念でなりません。

ただ、それ以上にハンドボールのポテンシャルを感じました。

今回の男子の試合は1万人以上が代々木の体育館に駆けつけたとのこと。チケットが40分で完売したとのこと。徹夜組も出たとのこと。マスコミにも多く取り上げられたのこと。インターネット上もハンドボールのニュースであふれています。

日本でもハンドボールで盛り上がることができる!、という点は大発見です。

かねてからポストしているように、私には、「ドイツのような雰囲気」で、「ハンドボール」の試合を、特定のチーム/選手を「応援」したい、というささやかな夢があります。もしかしたら、私の夢はかなうかもしれない、私の残り人生50年のうちには、日本でハンドボールがメジャーになるかもしれない、などと思っています。甘いかもしれませんが、今回の盛り上がりは、私に大きな希望を与えてくれました。

そして、今思うこと、それはただひとつです。

ハンドボールの日本協会さん、ここからが勝負です!!

今回の盛り上がりが一時的なものであることは、十分に承知しています。ただ、今後のやり方次第では、世間の注目を引き続き多少は維持していくことも十分に可能だと思っています。そして、徐々に成長していくこともできるでしょう。そして、それは、日本協会が今後どのような手を打つかにかかっているのではないでしょうか。

1997年、熊本での世界選手権で多少は盛り上がった際、日本協会は次の一手が出せずに、結局盛り上がりを維持できなかった、という批判をよく耳にします。同じ失敗の繰り返しはいけません。日本協会さん、頑張ってください!代表監督はこのままですか?今春の日本リーグのプレーオフは、どこでどのようにやるんですか?・・・

ふと日本協会の役員の名簿をみると、知っている名前が半分ぐらいですが、私の高校時代の恩師の名前もありました。先生、頑張ってください!

projektgold.jpg
(プロジェクト・ゴールド Projekt Gold のDVD)

今回の女子の試合のまさに前日に、タイムリーにドイツからDVDが届きました。タイトルは「プロジェクト・ゴールド Projekt Gold」。それは、昨年のドイツでの男子ハンドボール世界選手権で優勝したドイツチームのドキュメンタリー映画のDVDでした。私の高校にもコーチに来てくれたという、ドイツで活躍中の植松伸之介選手のブログでその存在を知りました。実際にドイツでの世界選手権を観戦した私としては、何よりの記念に手元に置いておきたい、という強い希望のもと、あちらの担当者とメールでやり取りをして、ようやく購入できたものです。(問い合わせから手元に届くまでに、2ヶ月以上かかりました・・・)

とにかく、感動しました。高いお金を出して買った甲斐がありました。

感動したシーンが3つあります。1つは、決勝戦を前に、ドイツチームが宿泊しているホテルから会場までバスで出発するシーン。沿道がドイツ国旗を掲げたファンで埋め尽くされていました。そして、それを見たバスの選手たちが気持ちを引き締めていました。1つは、ドイツがポーランドを破って優勝したあとの表彰式。あの紙ふぶきとシャンパンの演出は見事でした。1つは、最後の最後にケルンの大聖堂(?)に上った選手たちが集まった観衆に応えるシーン。ドイツの正GKフリッツが国旗を振るところにはえらく感動しました。

まさに、私の希望している世界がありました。日本でも今後50年のうちに、こうなって欲しい、強く思いました。そして、私もその中に、加わりたい。

日本協会の人はもちろん見ていると思いますが、大量購入して、ハンドボールの魅力を伝えるために関係者に配布するというのはどうでしょうか。ハンドボールファン、必見です。

頑張れ、日本ハンドボール!!
スポンサーサイト

テーマ:ハンドボール - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/108-f45f0a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。