FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年大統領予備選挙に行ってきました
primary.jpg

2月5日火曜日、マサチューセッツ州で行われた大統領予備選挙に行ってきました。この日はいわゆる、「スーパーチューズデー」で、全米で20を超える州で予備選挙が行われた模様です。

二重国籍という状況を利用してのアメリカでの選挙も、今回で3回目になりました。しかし、今回は大統領予備選挙でした。以前とは状況が少々違います。

そもそも、どちらの政党にも"Enrolled"していない状態の私が予備選挙の投票権があるのか、という疑問がありました。予備選挙は、各政党内において、その党の公認する大統領候補を選出するための選挙です。

そこで、前日にいろいろと調べてみました。

まず分かったこと、それはマサチューセッツ州は"Semi-Open Primary"方式を採用しているということです。他には"Closed Primay"や"Open Primary"という方式もあるようです。Closedの場合は、政党に所属している人のみが投票できるようなイメージでした。Openの場合は、誰でも、どちらの政党のどの候補にでも投票できるようなイメージでした。(詳細は不明です。)では、"Semi-Open"とは?

中途半端でよくわからないので、とりあえず投票所のクリスジ講堂へ行ってみました。昼過ぎに行きましたが、私の他にも、2,3人の投票者がいました。少なくとも、以前よりは盛り上がっています。

私「Unenrolledで登録してあるんだけれど、投票権ありますか?」
係員「もちろんですよ。Unenrolledで登録しておくのが一番得策ですよ。今回は、どちらの政党に投票しますか?」
私「○○党」
係員「それでは、この投票用紙に記入ください。あなたは、依然としてUnenrolledのままですので、ご安心を」

ということでした。その後の手続きは、以前とまったく同じで、"I VOTED"のスティッカーをもらって簡単に終わりました。

結論: マサチューセッツ州ではUnenrolledの状態でも予備選挙で投票できます!

新聞によると、マサチューセッツ州では約半数の投票者が"Unenrolled"の状態であるとのことです。(ちなみに、民主党に37%、共和党に12%の人が登録しています。面白いのは、我々が住んでいるケンブリッジ市の場合、民主党に59%、共和党に5%!!の人が登録していて、Unenrolledの人は35%です。)

結論2: ので、二重国籍でマサチューセッツ州に留学してきたような人は、とりあえずUnenrolledで登録すればよし!

以前からの疑問を解決でき、また、大統領選挙に多少なりとも関わることができて、めでたしめでたしでした。

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/109-df88a5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。