MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃってアメリカ人ダニエルの妻子は移民ビザを取得できるのか
ダニエルは、アメリカ生まれであるため日本とアメリカの二重国籍者(dual citizen)である。「二十歳のときに国籍を選択しなかったの?」と聞かれる。もっともな質問である。事実として二十歳のときに日本の役所に日本国籍選択の宣言をしている。アメリカとは縁が切れたものと思っていた。しかし、これは大きな間違いであった。
"I need to know if you are also considered a U.S. citizen, the reason being that you were born here in the U.S. therefore making you automatically a U.S. citizen. If you have given up that U.S. citizenship and are now a Japanese citizen let me know." というメールをUniversity of Southern Californiaのアドミッションオフィスから受け取ったのは2月22日のことであった。ピンときたので、アメリカ大使館に電話してみた。「日本の役所に宣言したところでアメリカとしては関知するところではなく、アメリカにとってはあなたは依然としてアメリカ市民です。」とのこと。「留学」ではなく、単なる「帰国しての入学」になってしまった。ちょっとしたサプライズであった。
留学生の妻子に対してはF2ビザがあるし、転勤者の妻子に対してはL2ビザがあり、比較的取得しやすい。しかし、帰国して入学するアメリカ人に同伴する妻子が取得するビザは…。「移民ビザ(グリーンカード)」しかないという。移民ビザを取得した場合、アメリカに永住することができ、就労が可能であり、場合によってはアメリカ市民になることもできる。アメリカ人と国際結婚してアメリカに住居を構えるような人が取得するビザである。当然、その取得手続きは簡単ではない。しかし、サクラとハロルドを連れて行くには、移民ビザを取得するしかない。さらにサプライズであった。
「移民ビザを取得できるのか?」というよりは、「たった2年間の留学に付き添うために、なぜ移民ビザを取得しなければならないのか?」というのが正直なところである。文句を言っても始まらない。明日は、アメリカ大使館で第一回目の面接である。(ダニエル)
スポンサーサイト

テーマ:留学準備 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

こんにちは。興味深くブログを拝見しました。
私もアメリカで生まれ、両親は日本人で現在日本で生活していますが、留学を考えています。私もまだ二重国籍なのか、疑問に思っていましたが、読ませていただく限り、ダニエルさんと同じような状況のようですね。そこで質問なのですが、日本では二重国籍ではないということになっているのですよね?その際、出入国手続きは日本のパスポートでされるんでしょうか?なぜビザがいらないの?ということにはならないのでしょうか?
おわかりでしたら教えていただけると大変ありがたいです。お忙しいところ恐縮です。
【2006/05/15 18:02】 URL | maki #- [ 編集]

知ってる範囲で回答します
ブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。

makiさんも私と同じ二重国籍者だと思います。アメリカ生まれの場合、アメリカ大使館の領事の前で右手を挙げて「アメリカ国籍を放棄します」と宣言しなければ、ずっと、アメリカ国籍を保有しています。外務省の役人や、自衛隊員のような、二重国籍を許されない人が、稀にこのアメリカ国籍放棄の手続きをするそうです。(大使館情報)

渡米の仕方ですが、私もドキドキしながら先日グアムに行ってきました。日本出国の際には日本のパスポートを提示、アメリカ入国の際にはアメリカ市民の列に並んでアメリカのパスポートを提示しました。一方、アメリカ出国の際には日本とアメリカのパスポートを両方提示、日本入国の際には日本のパスポートを提示しました。これは二重国籍者がよく使う方法のようです。ですので、私の日本のパスポートには日本を出国し、入国した記録だけが残りますが、その間どこにいたかの情報はありません。(ちなみにアメリカのパスポートにスタンプの類は押さないので、アメリカのパスポートを見ても分かりません。)余談ながら、パスポートを2つ持つのが面倒だからといって、日本のパスポートでアメリカに入国することは禁じられています。アメリカ市民がアメリカに入国するときは、アメリカのパスポートで入国しなければなりません。

makiさんは、BIRTH CERTIFICATE(出生証明書)をお持ちですか?お持ちのようでしたら、アメリカのパスポートがすぐに取得できます。アメリカのパスポートを持つと、二重国籍の実感が湧きますよ。
【2006/05/17 00:08】 URL | ダニエル #- [ 編集]


回答どうもありがとうございました☆
小さい頃アメリカで生活していたのでパスポートは持っていますが、期限が切れていて、日本で更新できるのかなーと思いながらそのままになっていました。
これから留学について真剣に考えたりリサーチしようと思っていますが、その際、とても有益な情報を頂き、ありがとうございました。
ダニエルさんも頑張ってください。
【2006/05/17 17:51】 URL | maki #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/2-a6b363bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。