FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファジー制御の炊飯器は失敗作か?
Rice_Cooker.jpg

指導教官でもあるナンシー先生の授業、 "Software Engineering Concepts" での話です。この授業は、現在のソフトウェアシステムがいかに複雑で、そしてリスキーか、ということについて、皆で議論するというものです。(私はほとんど議論に参加できていませんが。)

統計によると、実に3分の2のソフトウェアシステムは予算をオーバーし、かつ納期に間に合わないらしいです。その原因のひとつとしては、ハードウェアのように物理的制約が少ないので、開発者が十分に考えもせずプロジェクトを開始し、そして、変更に次ぐ変更を重ねることが挙げられます。

その例として、ある開発者の日記が実例として紹介されました。

○月×日 プロジェクト開始。商品単価は50ドル程度を想定、開発期間3ヶ月。
○月×日 上司からOSの変更の指示を受ける。
○月×日 急遽液晶画面をつけることになった。開発期間は、今から3ヶ月となった。
○月×日 ファジー制御を導入することに変更になった。開発期間は、今から3ヶ月となった。
 ・・・    ・・・
 ・・・    ・・・

という変更が相次ぎ、最終的には製品化まで2年間、商品単価は200ドルになりました、という話でした。クラスメイトは途中からはニヤニヤし始め、最後は失笑していました。私も失笑していました。

が、なんとその製品が実際の炊飯器だったのです!!クラスメイトは大爆笑でした。炊飯器にファジー制御をつけて、どうするんだよ!ということでしょう。

私としては、少々複雑でした。ファジー制御の炊飯器、ちょっと買ってみたいかもしれません…。

スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/37-d0c2592c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。