FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間選挙でした。
vote.jpg

図:MITの投票所

11月7日の火曜日は、アメリカの中間選挙でした。なんちゃってアメリカ人のダニエルも、選挙権があるはずです。が、結局今回は投票せずじまいでした。

選挙があると知ったのは、先月末ぐらいにYAHOO! JAPAN のニュースで取り上げられたときが初めてでした。「きっと自分にも選挙権があるんだろうな、どうしようかな、調べてみようかな、でも勉強で忙しいな・・・」と思っているうちに、選挙を迎えてしまいました。正確には、通学途中のキャンパス内に投票所が設けられていて、それを目撃して、その日が選挙だったことを初めて認識しました。

その後、いろいろと話を聞いてみたところ、引っ越した場合には、その市の役所のようなところへ出向き、選挙権をレジスターする必要があるようです。このレジストレーションを経て、選挙権が確立されるとのことです。まったく、知りませんでした。アメリカでも役所への手続きが必要だったんですね・・・。

ところで、この中間選挙、全米的にはいろいろと意義のあるものだったようですが、少なくとも我々は選挙の「せ」の字も感じませんでした。マサチューセッツ州は全米一のリベラルな州であり、常に民主党が議席を確保するから、それほど盛り上がらないんだよ、というようなことらしいです。そんなリベラルな州で留学生活を送れることを喜びつつ、テレビで観たような選挙戦を楽しむことがきないことに、少々寂しさなども感じています。

近いうちに、役所に選挙権の登録に行こうかと思います。でも、次の選挙はいつなのでしょう。もしかして2年後?すでに帰国??何も知りません。(ダニエル)

スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/39-78743300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。