MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25パーセントが終わりました「ボストンを思ふ」
DSC_0054.jpg

図:ニューヨークは偉大でした

クリスマス前に、ニューヨークに2泊3日の観光に行ってきました。はじめてのニューヨークでした。非常に感動しました。しかし同時に、ボストンの良さを再確認する旅行になりました。MITがボストンにあって良かったと実感しています。

何より、ニューヨークの人ごみには驚きました。クリスマス前ということもあるかもしれませんが、タイムズスクウェアなどは歩道が人で埋め尽くされ、ベビーカーで通るのに一苦労しました。ボストン市街も人は多い方だと思います。でも、ニューヨークと比較すると、まだまだかわいい方です。子連れの我々としては、ボストンの人ごみぐらいが丁度良いと感じています。

そして、ニューヨークは、やはり「観光地」です。自由の女神もエンパイアステートビルも「観光地観光地」していました。住むところではない、という感じです。ボストンにも多少の観光地がありますが、これらは決して「観光地観光地」していません。ひっそりと来客を待っている雰囲気があります。ボストンは大人の雰囲気と言う感じでしょうか・・・。

ただし、ボストンも良い点ばかりではありません。

①日本からの直行便がないこと。 先日初めて日本からボストンを訪ねてくれた友人がいましたが、日本からの長旅に疲れた様子でした。ビジネスの顧客が見込めない限りは直行便は現実しないとのこと。松坂がボストンに来たところで、ずっとこの状況が続くことでしょう。

②家賃が高いこと。 聞いたところによると、ニューヨーク、サンフランシスコと並んで家賃が高いらしいです。我々の築何十年の家族寮でさえ月1,300ドル。オフキャンパスになれば、月2,000ドルは必要な状況です。面白いのは、ボストンの場合は「理由のない家賃の高さ」だそうです。なので、投資家は不動産の下落を恐れ、ボストンの不動産には投資しないとのこと。いずれ、この状況は解消されるかもしれません。

③寒いこと。 今年のニューイングランド地方は、記録的な暖冬らしいです。(我々には、それでも寒いですが・・・。)来年も記録的な暖冬であってほしいと思っています。

#ニューヨークでは、9.11の現場にも立ち寄りました。忘れてはならない事実だと思います。
DSC_0074.jpg

図:グランドゼロを望む消防署の脇にあるモニュメント
スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/46-0c996d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。