FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケネディ宇宙センターを思ふ
DSC_0099.jpg

図:スペースシャトル発射台を望む(ちょっと遠すぎました・・・)

フロリダでは、ケネディ宇宙センターにも出かけました。「連日ディズニーもつまらないでしょ」という軽い気持ちでした。

見ごたえは十分でした。実際のスペースシャトルこそ見ることができませんでしたが、その整備施設や射場を(遠くからですが)眺めることができました。また、アポロ計画に関連する展示物も楽しむことができました。

しかし、「ひとり40ドルのチケットは高すぎでしょ」、というのが感想です。オーランドからのレンタカーに100ドル弱必要でしたので、ケネディー宇宙センターに行っただけで約2万円の出費でした。昨夏に訪れたデイトンの空軍博物館は無料でしたので、なおさらチケット代の高さについて思ふところがありました。

手元にある05~06年の地球の歩き方には、35ドルと29ドルの2種類のチケットがあるように書いてあります。別施設の訪問や、再訪問の際の割引も含まれているのが35ドルのチケットであり、これらの特典を希望しない場合には29ドルのチケットを選ぶことができたようです。35ドルのチケットが40ドルに値上がりし、そして29ドルのチケットは廃止になったものと思われます。すなわち、我々は否応なく、必要もない特典がセットになったチケットを買わざるを得ませんでした。

ただし、これがアメリカの宇宙開発の現状かな?、などとも考えたりしました。

NASAも予算削減に苦しんでいると言う話をよく聞きます。このセンター、40ドルとはならないまでも、20ドルぐらいのの価値はあるかもしれません。しかし、国民への啓蒙活動の必要性を考えれば、国やNASAが費用を負担し、無料もしくはもっと手ごろな値段にしたいところでしょう。ただし、それができないのが現状なのでしょう。

受付の人に推薦されて訪れた、火星にトリップするというアトラクションがとても陳腐であったことが印象に残っています。人類の夢のために、NASAさん、頑張ってください。(ダニエル)
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/49-680f50d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。