FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツハンドボール世界選手権観戦記①「渡独前」
チケットを購入できました
DSC_0030.jpg

クレジットカードの記録によると、10月3日のことのようです。なかなか勉強する気にならなくて、「そうだハンドボールでも調べてみるかな」、という軽い気持ちでインターネットサーフィンしていると、ドイツのハンドボール世界選手権のチケットのページにたどり着きました。まだ席が残っているのかな、と調べてみると、予選の数試合と、ハンブルグで行われる準々決勝と準決勝のチケットにはまだ若干のチケットが残っていることがわかりました。「行ってよいかしら?」と妻に聞くと、「行けばー」という返事。その晩のうちに、即決してしまいました。9位決定戦と2試合の準々決勝を観戦できる1月30日のチケットを申し込みました。

チケットが送られてきたのは、10月20日でした。もう少しかっこよいチケットが良かったかな、とも思いました。62ユーロでした。ちょっと高いかしら?

インターネットは素晴らしい
チケットを購入してからというもの、インターネットで情報収集につとめました。ハンドボールだからといって、あなどるなかれ、非常に多くのページがありました。日本や海外で活躍している選手自身のブログなども多くありました。ただただ驚くばかりでした。

"Hurra! Handball in EUROPA"のオイローパさんには、質問したりしてしまいました。また、"Hand in Handball!"のページは、非常にタイムリーに世界のハンドボール情報がアップされていました。そして、"ハンドボールGO!GO!"の管理者の方も私と同じ30日にハンブルグに観戦に出掛けるということがわかり、コンタクトを取ってみたりしました。インターネットの素晴らしさを痛感しました。

世界選手権の試合もインターネットで観戦できる!
さらに、素晴らしいことがもうひとつ。何と、世界選手権の全試合がインターネットで(有料ですが)配信されているのです。19.99ユーロでした。もちろん、申し込みました。ドイツの試合やクロアチアの試合など、興味のある試合をピックアップしてインターネット観戦しました。すこぶる快調でした。

いずれも私の現役の頃には考えられないことです。ハンドボールの情報といえば、当時からの唯一の専門誌スポーツイベントの「月刊ハンドボール」に頼るしかありませんでした。また、部が(なぜか)保有していた海外ハンドボールのVHSビデオを繰り返し見ていたことを覚えています。その点、このインターネットの発達はハンドボールファンにはうれしい限りです。

対戦カードがまったくわからない・・・
しかし、インターネットで解決できない問題がひとつありました。それは、観戦当日の対戦カードがまったく予想できない、したがって選手の顔やプレーを覚えることも難しい、といったことでした。

今回の世界選手権の対戦スケジュールは、少々複雑でした。うまく文章で表現できそうもないので説明しませんが、とにかく複雑でした。複雑な理由のひとつは、準々決勝・準決勝を行うケルンとハンブルグの2会場のうち、「ドイツの試合はケルンで行う」、と事前に決めてあることにあります。ハンブルグの収容人数が12,500人であるのに対し、ケルンの会場は18,500人を収容できることに起因しています。

1月27日の渡欧前にわかっていたことは、「ドイツの試合は必ずケルンで行われるので、私が見ることはない」「11位決定戦にまわることが決まっていたチュニジアとチェコの試合を私が見ることはない」「それ以外の9チームについては、いずれも観戦する可能性がある」、といったところでした。

アテネの覇者で現在最高のチームと言われているクロアチア、(少なくとも昔は)個性的な選手が多くハンドボールが楽しいフランス、ドイツと並んで国内リーグが盛んな前回大会の覇者スペイン、のいずれかの試合は観戦したいな、という希望のもと、これらのチームのキープレーヤーの顔と名前を覚えたりしていました。そして、ヨーロッパへ向かいました・・・
スポンサーサイト

テーマ:ハンドボール - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/52-d972d73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。