FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人の二重国籍を思ふ
flag2.gif

先日、韓国とアメリカの二重国籍であったというMITの学生と話す機会がありました。彼は、韓国国籍を捨てています・・・

私が所属する研究室の学生のなかには、MITのESD(Engineering System Division)に所属する学生もおり、その仲間に誘われてESD主催のビアパーティーのようなものに参加しました。この類のイベントに参加するのはほとんどがアメリカ人ですが、先学期のある授業で一緒だった韓国人女性もフィアンセと一緒に参加していました。そのフィアンセが、二重国籍であったというのです。

旧クラスメート:私のフィアンセは9歳の頃からアメリカにいるので、アメリカ国籍を持ってるのよ。
私:じゃあ、俺と一緒で二重国籍だね。
フィアンセ:韓国国籍は捨てたよ。だって、捨てなければ兵役に付かなければならないんだもん。

うまく言葉にできませんが、少なからずショックでした。私にとっては、日本国籍を捨てるということと同じです。想像すらできません。きっと、彼の中にはすごい葛藤があったのではないでしょうか。韓国国籍を選択するか、アメリカ国籍を選択するか。定職についた後や結婚した後ならまだしも、学生の段階で強いられる選択です。

韓国の兵役の良し悪しについて議論するつもりはありませんが、とにかく、兵役のない日本のよさを再認識しました。

クラスメートには、アメリカの移民ビザをとるのはたいへんだぞ、と脅しておきました・・・
スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
移民ビザはこれから本当に大変なようです
2007年1月23日より、海外のアメリカ大使館でのI-130等ビザ請願受付が一様に中止になりました。今後、全ての請願対応はアメリカでの国内受付(又は海外から郵送)のみになるようです。(例えば、日本で移民ビザ申請をすると一ヶ月強で取得できたのが、今後は半年ほどかかるようになるようです。)

http://japan.usembassy.gov/e/visa/tvisa-iv-newi130.html

軍属の家族を始め、それによって別居や家族離散の目にあう人々が多いので、それを見直そうという動きはあるようなのですが…。

http://stripes.com/article.asp?section=104&article=43104&archive=true

【2007/03/11 04:53】 URL | かん #.Dxd4l4U [ 編集]

はじめて知りました
かんさん、貴重な情報、ありがとうございます。

そうなんですか、初めて知りました。すでに入国した我々には関係のない話ですが、今頃日本では、そしてどこかのネット上では、たいへんなことになっているのでしょうね。

我が家もいろいろと苦労しましたが、それにしても、一年早くの留学で助かりました・・・
【2007/03/17 10:55】 URL | ダニエル #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/59-b1dd11c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。