FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50パーセントが終わりました「MITの国際色を思ふ」
DSC_0408.jpg
図:家族寮のWESTGATE(我家は別棟です)

MITは、国際色豊かです。大学のホームページによると、大学院の留学生は2,400人。113カ国からの学生が集まっているようです。他大学の状況は知りませんが、少なくとも、「国際色豊か」といって嘘ではないと思います。様々な国の人と多少でも交流することができて、非常に新鮮です。

よく言われるように、中国人、インド人、そして韓国人の存在が目立ちます。日本人については、個人的には「多いな」と思いますが、これらの目立つ国と比べると、圧倒的に少ない方になるようです。

面白いのは、私の知っている範囲では、アメリカ人学生の分布に偏りがあることです。たとえば、うちの研究室はアメリカ人(+カナダ人1人)ばかりです。一方で、「うちの研究室にはアメリカ人がいなくて、インド人(またはアジア人)ばかりだよ」という学生を私は3人知っています。

MITの中だけで暮らしていると、ここがアメリカだかどこだか、わからなくなる今日この頃です。(ダニエル)
スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/73-d9ed8387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。