FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50パーセントが終わりました「アメリカ(MIT)の大学教育を思ふ」
DSC_0411.jpg
図:学部生の寮であるシモンズホール(奇抜です)

渡米して1年、アメリカの大学教育について、少しずつ思ふところがでてきました。

1.アメリカの大学教育はスパルタ教育?
ハーバードのサマースクールからそうですが、とにかく課題が多すぎです。先学期の確率論の授業では、毎週のようにレポート(プロブレムセット)を10回提出して、それでいて期末テストがありました。勉強にはなりますが、結局のところスパルタ教育なのでは?、などとも思ったりしています。悪く言えば、自由さに欠けている。クラブ活動やバイトに重点をおく学生がいても良さそうなものですが、アメリカでは勉強以外に重点を置くことは許されないような雰囲気を感じます。勉強するために渡米した私には何ら支障はありませんが、若い学生たちにとってはどうなんでしょうか?

2.MITは会社?
MITの学費が高すぎることは以前ポストしましたが、その理由が分りました。リサーチアシスタント制度(RA)を使って、誰も支払っていないからです。私も詳しくは知りませんが、RAとして教授に雇ってもらえれば、授業料免除のうえ、月々2,000ドル程度がもらえるとのことなのです。少なくとも、私の所属する専攻では、自分で学費を支払っている学生を知りません。皆RAか、もしくは私のような企業派遣です。コーネル大学から移ってきた研究室の同僚が言っていました、「MITは会社同然だ。」私もそう思います。

3.出るのは難しい?
少なくとも、私の所属する航空宇宙工学専攻の修士課程については、修了するのは、それほど難しい話ではないのかもしれません。たしかに課題の量は多いですが、「内容が難しすぎて理解できない」というようなことはありません。授業の難易度的には、東大と変わりないのではないでしょうか。モチベーションを維持して、時間さえ割けば、出るのは難しくないような気がします。日本と同じだと思います。(博士課程になると話が変わってくるのかもしれませんが・・・)

4.入るのは易しい?
一方で、入るのはどうなんでしょうか?実は、私の研究室の同僚ジョーが博士課程試験に失敗し、MITを去ることになりました。彼はESD(エンジニアリング・システム・ディビジョン)の学生ですが、ESDでは博士課程を希望する場合でも、はじめは修士課程として入学し、2年目程度で博士課程試験を受験します。この試験は通常2回受験することができますが、2回失敗すると、再受験は認められないようです。そして、1回目の試験があまりに酷い成績だと、2回目の試験も受けさせてもらえないようです。ジョーは、1回目の試験で再受験禁止を言い渡されました。ちょうどこのタイミングで修士課程を取得したために、MITに居場所がなくなったのでした。第一次の論述試験が終了した段階で声をかけたら、「とってもよく出来たと思うよ。あとは口述だけだよ。」との回答でしたので、驚くばかりです。ジョーもRAだったので、いわゆる「解雇」です。ドライです。入るのも難しいようです。
スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/74-f7b8d8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。