FC2ブログ
MIT留学でダニエル一家は何を思ふ
三十路ダニエルがMITで勉強する意味はあるのか/二重国籍者の留学とは何なのか/ハンドボールについて何を思ふのか/アメリカ・日本について何を思ふのか
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
ダニエル(夫):MITエンジニアリング修士課程に社費留学中、アメリカ生まれの二重国籍、趣味ハンドボール、レッドソックスにわかファン
サクラ(妻):米国企業の日本法人を辞めて渡米、でもアメリカ苦手、2年間で好きになれるか
ハロルド(長男):ダニエルに外見も中身もうりふたつ、慎重派な3歳児
ジョン(次男):ハロルドの若かりし頃にそっくりの、ボストン生まれのハッピーボーイ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン・レッドソックスで松坂とハンドボールを思ふ
matsuzaka2.jpg

8月15日のレッドソックス対デビルレイズの試合の観戦に行ってきました。松坂登板の試合でした。"OBSTRUCTED VIEW"により不完全燃焼であった初めての松坂観戦、降雨のための試合開始時間変更により不完全燃焼であった2回目の松坂観戦、に引き続いての3回目の松坂観戦でした。

そして、レッドソックスに、フェンウェイパークに、大リーグに、初めて感動しました。

iwamura.jpg
図:松坂対岩村(岩村にもポンポン打たれていました)

あいにく松坂は、この日も調子が今ひとつでした。初回から点を与え、6回を終えて降板したときには0-6でリードを許していました。松坂はダメ、レッドソックスもダメ、ということで、またもや不完全燃焼で終わってしまうのか、とあきらめかけていたところ・・・

試合終盤にレッドソックス打線が反撃を始めたのです!7回に3点、8回に1点入れて4-6とした9回裏。1点をさらに返して1点差としたところでノーアウト2塁の上位打線。観客は総立ちで、手拍子が止むことはありませんでした。特に3番オルティス、4番ラミレスのクリーンナップの際には、言葉でうまく表現できませんが、会場は本当にすばらしい雰囲気でした。最後はラミレスの空振り三振で大逆転勝利は逃したものの、フェンウェイパークを満喫した!という感じでした。

この日のフェンウェイパークは、ドイツでのハンドボール世界選手権と同じぐらい盛り上がっていました、というと大リーグファンに怒られるでしょうか。ドイツでのハンドボール観戦以来、久しぶりにスポーツに感動しました。やはり、スポーツは素晴らしい。

感動したのは、私だけではありませんでした。息子もウォーリーのサインをもらえて、大喜びでした。
wally2.jpg
図:ウォーリーと息子(松坂が打たれていた3回に我々はウォーリーに会っていました)

心残りは、松坂にスタンディングオベイションをしていないことのみ。いつか、実現するでしょうか・・・
スポンサーサイト

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://danieldaniel.blog61.fc2.com/tb.php/79-a2ec58fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。